どうしてもお金が必要だった

以前、自宅からかなり遠くの県に派遣に行った時の話です。
私はパチンコが大好きで、その為に貯金もなかったので、派遣先に赴任してすぐにお金に困りました。派遣先で前借り制度を利用しましたが、地元の街金2社から計50万ほどの借入があり、月々の返済もあったので、アコムにカードローンの申し込みをしてみようかと考え始めました。
まだ働き始めてひと月しか経っていませんでしたが、派遣先の同僚も、消費者金融から借入している人が何人もいたりして、お金に困っている人が多かったです。返済などで必要なお金は、最低2万円以上だった事、まだひと月しか付き合いのない人に借金を申し込むのには、ためらいがありました。もしお金を借りる事が出来ても、大きな貸しを作った事になり、それが後々、重くのしかかって来るような気がしたからです。以前働いていた別の派遣先でも、友人同士のお金の貸し借りでトラブルになった話をいくつか聞いていたので、アコムにカードローンの申し込みをする事を決意しました。



あっという間だった契約手続き

カードローン申し込みの決意はしましたが、免許証に記載されている住所が、実家の住所で、今現在住んでいる寮とは違う住所だった事が気になりました。
もし自動契約機まで行って融資が不可能だったらショックが大きいので、前日にあらかじめアコムに問い合わせの電話をしました。フリーダイヤルというのも凄く有難かったです。
女性オペレーターに、住所の件や、赴任してきて、まだひと月だという事、他社で借入している金額などを正直に伝えました。
電話を切って15分後位に、アコムから折り返しの電話が来ました。在籍確認が取れれば、10万円迄大丈夫だと言われました。嬉しかったです。
正直、在籍確認の電話は嫌でしたが、とにかくお金が必要だったので、少し離れた所にある自動契約機を紹介してもらいました。近くの店舗は人の目が気になったからです。
次の日、朝から紹介された自動契約機に行き、わずか30分位の手続きで無事に10万円借入することが出来ました。本当に助かったです。