銀行のカードローンの種類

銀行で借入ができるカードローンにはどのような種類があるのでしょうか?
銀行で借入ができるカードローンを申し込む場合には、銀行に行って、銀行が決めている申込み用紙に名前、住所などを記載して、捺印した後、運転免許証などの自己証明ができるものを提示して契約を行うという方法になります。
また、申込みは銀行の子会社で行う場合もあります。
いずれも銀行で借入ができるカードローンになりますが、種類を分ける場合もあります。
このようなものを総称して、銀行系のカードローンと言います。
申込みの方法は、いずれの場合も手続きは簡単になっています。
銀行の窓口においては、誓約書として反社会的なことに使用しないということを取り交わす、あるいは質疑応答のスタイルによって、このことの意思をチェックすることもあります。
運営を銀行が行うにせよ、その子会社が行うにせよ、銀行で借入ができるカードローンは規模の大きな母体で運営されているものであるため、高い信頼性があると言えます。
借入するうえにおいて、大きな安心感があると言えそうです。




信販系のカードローン

銀行のカードローンには信販系のものもあります。
銀行系カードローンとは違って、運営をそれぞれの信販会社が行う金融商品です。
信販系のものを簡単にご紹介すると、キャッシング機能というクレジットカードのひとつの大切な機能が独立しているものであると言えます。
キャッシングに特化したものが信販系のものと言えるのです。
では、信販系のカードローンと銀行系のカードローンを比較するとどうなのでしょうか?
信販系のものと銀行系のものを比較した場合には、比較的似ています。
両者を比較すると、信販系のものは、入ることができるコースが融資限度額ごとに分かれており、融資金利がそれぞれのコースごとに設けられています。
このことが銀行系のカードローンと比較した場合の差になります。
さて、融資金利としては変動金利制と固定金利制の種類が二つあります。
銀行系も信販系も固定金利になります。
金利が借りている途中に変わることは、可能性としてはあるかも知れませんが、非常に稀でしょう。