SBIで審査を受ける

銀行系のカードローンである住信SBIのカードローンを利用しています。
プロミスを使えっていましたが最近鞍替えして、低金利でおまとめローンを利用できますから、こちらの方がトータルメリットはあると判断してこちらを中心に使っています。

審査はやはり少し面倒でした。
1時間以内で口座に振り込まれたプロミスとは違い、SBIのカードローンは2日くらいかかりました。
時間によっては1日で終わったのかもしれませんが、午後に申し込みをして仮審査が3時間くらい経ってから届いて、さらに待っているローン口座が開設されたとの通知が届きました。

こちらが何か特別なことをする必要はありませんが、それでも時間が少しかかるのは銀行系の仕方ない所だと思います。
ただ、審査申込みに関しては消費者金融系と変わりませんから、別に銀行系だからと言って緊張することはないみたいです。

メール通知のみですから人と対話することなく、全てが完了してしまうのもネットバンクのメリットかもしれません。


カードローンの返済談

カードローンですから返済があります。
私が借りたのは20万円ですが、ボーナスが近かったので一気に返そうと思っていましたが実際に返済が終わったのは6ヶ月くらいしてからです。
それでもがんばって返済したのですが、やはり何かとお金がかかりこれくらいの時間を有しました。

審査時に返済についての説明は軽く受けますが、SBIは返済時にメール通知をしてくれます。
鬱陶しいと感じる人もいるかもしれませんが、私みたいに忘れっぽい人にとっては地味に助かる機能でした。
一度返済を忘れていて、メール通知で気が付いたことがありましたからなおさら実感しているわけです。

コンビニで返済は出来ます。
SBIはノンバンクですからコンビニでサービスを受けることが当たり前ですから特に苦も無く利用できます。
有りがたいのは月に3回まで振込手数料が無料であるということです。
手数料だって積み重なれば凄い額になりますからこれを利用して返済していました。

返済状況は全てネット上で確認できます。
ネットバンクですし、他の会社も似たようなものですが、助かりました。